シエマ
シエマ

3/29(月)『きこえなかったあの日』上映記念 今村監督舞台挨拶

kikoenakatta
2013年に『架け橋 きこえなかった3.11』を発表した今村監督は、現在も宮城に通い、熊本地震、西日本豪雨、新型コロナウイルスの流行といった困難の渦中にいる耳のきこえない人たちの姿を記録し続けている。みんなが安心して暮らせるその日まで—。今村監督がみつめた、耳のきこえない人たちと災害、その10年の記録『きこえなかったあの日』の上映を記念して、今村彩子監督の舞台挨拶を開催します。
日時:3月29日(月)
『きこえなかったあの日』上映 16:50~18:56(126分)
今村監督舞台挨拶 19:00~19:40
(舞台挨拶からの参加も可能です。その場合、映画は別日にご覧ください。)
料金:映画料金でご参加いただけます。
※映画にはバリアフリー日本語字幕が付いています。音声ガイドはございませんので、
解説をご希望される方はシエマまでお申し込みをお願いします。
※舞台挨拶時は手話通訳・文字情報(UDトーク)を準備します。その他の要望もご相談ください。

今村彩子監督 名古屋出身/Studio AYA代表
愛知県立豊橋聾学校高等部卒業/愛知教育大学教育学部卒業
大学在籍中にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校に留学し、映画制作を学ぶ。現在、愛知学院大学で講師をしながら、映像制作をしている。主な作品に「珈琲とエンピツ」(2011)、「架け橋 きこえなかった3.11」(2013)、自転車ロードムービー「Start Line(スタートライン)」(2016)、ろう・難聴LGBTを取材した教材DVD「11歳の君へ ~いろんなカタチの好き~」文科省選定作品(2018)、「友達やめた。」(2020)、「きこえなかったあの日」(2021)がある。手話と字幕で分かるHIV/エイズ予防啓発動画も制作、無料で公開中。初めての著書『スタートラインに続く日々』(2019)を出版、Yahoo!ニュースでも取材したことを動画と文章で発信している。

『きこえなかったあの日』シエマにて3月26日(金)より上映
HP→http://studioaya-movie.com/anohi/
お問合せ&お申込み:
シアター・シエマ
電話&FAX  →0952-27-5116(9:30~19:00)
メール→ticket@ciema.info
①氏名、②電話番号、③参加人数をご記入の上、送信してください。
協力:宮城県人会さが、UDトークサークル

CIEMA

〒840-0831
佐賀県佐賀市松原2-14-16セントラルプラザ3F
電話:0952-27-5116

CIEMA