シエマ
シエマ

7/22(日) あいゔぉりーさんずラブ~名匠ジェームズ・アイヴォリーに捧げるお茶会~

あいゔぉりーさんずラブ
~名匠ジェームズ・アイヴォリーに捧げるお茶会~
 
90回アカデミー賞脚色賞を受賞した「君の名前で僕を呼んで」と、美しく蘇った「モーリス4K」の上映を記念して、
男性の美と謎を追究し、「美少年論」「少林寺」などの作品を発表されている写真家の大串祥子さんをナビゲーターにお迎えしたお茶会を開催します。
おいしいお茶とお菓子をいただきつつ、アイヴォリー流の美意識について、各作品の見どころについて、美少年、BL、今後注目のイギリス人俳優について・・などなど楽しいおしゃべりの時間を共に過ごしましょう。
 
722() 15時から
料金:1,000(お茶とお菓子のプレート付)
※予約制(定員に達し次第、締切とさせていただきます)
お問合せ&お申込み:シアター・シエマ
電話 0952-27-5116(10:30~20:00)
メール(office@ciema.info)氏名、電話番号をご記入の上、ご送信ください。
 
ナビゲーター:大串祥子さん 写真家
 佐賀県生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。株式会社電通にてコピーライター・CMプランナーとして勤務。
 退社後渡英、ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティング・ディストリビューティブ・アンド・トレード
(現:ユニバーシティ・オブ・ジ・アーツ・ロンドン)写真学部フォトジャーナリズム学科(Postgraduate Diploma)にて写真を学ぶ。
 在学中に始めたプロジェクト『Men Behind the Scenes』では、英国の名門パブリックスクールイートン校(1998年)、
ドイツ連邦軍の兵役(‘99年)、コロンビア軍麻薬撲滅部隊(2000-01年)など、秩序、ルール、制服、階級、不条理にいろどられた究極の男性社会に潜入し、
女性の視線から男性の美と謎を追い求めている。
 ‘04-11年まで近代五種を撮影。’08年、北京五輪における国際近代五種連合UIPM公式フォトグラファーに任命され、同種目を撮影。
 ’11年秋から’13年夏にかけて、『Men Behind the Scenes』 第2章 アジア篇を中国・少林寺にて撮影。
 著書として、写真集『Modern Pentathlon』(ドイツ・Ralf-Hellriegel-Verlag)『美少年論 Men Behind the Scenes』(佐賀新聞社)『少林寺 Men Behind the Scenes II』(リブロアルテ)がある。シアター・シエマでは“ボストークちゃん”として定期的にチャリティ占いを開催している。
kimi
「君の名前で僕を呼んで」シエマにて7月13日より上映
ジェームズ・アイヴォリーが脚色を手掛け、本年度アカデミー賞脚色賞を受賞。89歳の名匠が17歳と24歳の青年の恋を瑞々しく描き、エリオの父が息子に語り返る台詞は、誰もが涙する本作のハイライトのひとつとなった。
maurice
「モーリス4K」シエマにて7月27日より上映
ジェームズ・アイヴォリー監督作品。20世紀初頭イギリス。ケンブリッジ大学で出会った二人の青年が、真実の愛と伝統社会の狭間で揺れ動く様を描く。
  大串祥子さん公式コメント
  『アナザー・カントリー』と『モーリス』がなかったら、我は「美少年論」を撮ることはなかったでしょう。
  英国紳士の美と謎、階級とモラルを超える真の愛だけが、永遠に乙女の心を震わせるのです。

CIEMA

〒840-0831
佐賀県佐賀市松原2-14-16セントラルプラザ3F
電話:0952-27-5116

CIEMA