シエマ
シエマ

10/8(日) 映画『幸福は日々の中に。』+トークイベント

10/8(日 ) 映画『幸福は日々の中に。』 + トークイベント
kouhukuhahibinonakani
時が止まったような不思議な居心地の良さ、もしかしたら未来の世界なのか、そんな目眩のような感覚に 襲われるのは何故だろう。しょうぶ学園では「ノーマル」と「スペシャル」の境界を超えて、私たちは 「人」として日々なにを共有しているのか再確認することができる。 現代社会はさまざまな局面で、寛容さを失い始めているように思えてならない。この作品は、多様さとか寛容さとはなんなのか、説明抜きに伝えてくれるだろう。

園生が楽器を弾き、叩き、叫ぶotto&orabu、ひたすら布と糸と遊ぶnui project、そして魅力に溢れた多様なクラフトワーク。美しい園内には、アトリエに加えて、カフェレストラン、ベーカリー、蕎麦屋が点在し、今日も園外からのお客様が引きも切らない。 ここには、これまで私たちが見たことがない風景が広がっている。 2014夏に開催された東京都美術館の展示における衝撃はいまだ記憶に新しい、鹿児島しょうぶ学園。 きれい事ではすまされない福祉事業の運営において、しょうぶ学園が取り組んできた活動は、今を生きる私たちに さまざまな問いを投げ掛ける。 普通ってなに?優しさってなに?改めて自らを見つめなおす73分
shoubu
監督・脚本・撮影:茂木綾子、ヴェルナー・ペンツェル http://silentvoice.jp/whilewekissthesky/
2015/日本/カラー/73分/16:9/HD ©silent voice/werner penzel film production

「幸福は日々の中に。」公式ホームページ
http://silentvoice.jp/whilewekissthesky/

——————————————————————————————————————————–

同日開催 トークイベント
「アール・ブリュットって何?」 〜佐賀で生まれた作品を紹介しながら〜

※『幸福は日々の中に。』上映の後、映画鑑賞料金でご参加いただけます。

“アール・ブリュット(=正規の美術教育を受けていない人による、何ものにもとらわれない表現)”。 関心が高まっている“アール・ブリュット”を、初めての人にも楽しくわかりやすく、もっと身近に感じてもらうためのトークイベントです。「もうひとつのものさし展」に集まった作品を中心に、佐賀で生まれた作品の展示〜紹介もおこないます。

ゲスト・講師
栗山裕至氏(佐賀大学 文化教育学部 教科教育 教授/美術科教育学会アートセラピー研究部会長/佐賀県造形教育研究会会長)
アール・ブリュットへの造詣も深く、Sブリュットの協力委員として熱い想いと学術的な観点から障がいのある人たちのアートに関わる。
上田諭氏(社会福祉法人はる Sブリュット担当)
持ち前のバイタリティとフットワークで障がいのある人たちのアート活動を佐賀で普及させるために奮闘中。

「もうひとつのものさし展」
佐賀県在住または佐賀県でアート活動している障がいのある方の作品公募展

——————————————————————————————————————————–

■日時:2017年10月8日(日)
■映画上映:15:00〜
■トークイベント:16:30〜17:15
■料金:前売り1,800円/当日2,000円(共に1ドリンク付)
※トークイベントには、映画鑑賞料金でご参加いただけます。
■場所:シアター・シエマ カフェスペース
■予約・前売り:0952.27.5116(シアター・シエマ)
shobu_ciema#0 shobu_ciema#0
■主催:Saga Art Brut Supporters
■協力:社会福祉法人はる

CIEMA

〒840-0831
佐賀県佐賀市松原2-14-16セントラルプラザ3F
電話:0952-27-5116

CIEMA