シエマ
シエマ

8/31(土) 韓国の文化と映画 vol.3『工作 黒金星と呼ばれた男』

工作

北朝鮮を題材にした韓国映画としてカンヌ国際映画祭や海外メディアでも高く評価された
『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』の公開に合わせ、
韓国映画をもっと楽しみたいという方のためのイベントを開催します。

■日時:2019年8月31日(土) 講座14:40~15:40
※当日の『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』上映時間 12:05~/15:55~
■料金:2,000円(ドリンク代込み/映画鑑賞料金は別です)
※要予約
※講座を受講される方は『工作 黒金星と呼ばれた男』を1,100円でご鑑賞いただけます。ご鑑賞の際に受付にてお名前をお伝えください。
■場所:シアター・シエマ
■主催:佐賀日韓交流会/シアター・シエマ

■お問合せ&お申込み:
・電話 0952-27-5116(10:30~20:00)
・メール ticket@ciema.info(①氏名・②電話番号・③人数を記入の上ご送信ください。)

■講師:韓 希暻(ハン・ヒキョン)
筑波大学大学院博士課程修了
(前)茨城キリスト教大学非常勤講師 (アジア映画・比較芸術・比較文化)
(現)佐賀新聞文化センター韓国語講師・ 佐賀県立唐津商業高等学校非常勤講師 ( 韓国語 )・佐賀日韓交流会代表
プロフィール写真

■内容
(1)1990年代の韓国社会と「銃風事件」について
『シュリ』や『JSA』、韓国映画が好きな方なら一度は耳にしたことがあると思います。
世界唯一の分断国家として約70年間に及ぶ‘休戦状態’が続いている韓国では、北朝鮮を題材にした映画が数多く公開されました。
今から約20年前、韓国で実際にあった「銃風(チョンプン)事件」を基にした映画『工作 黒金星と呼ばれた男』を通して1990年代の韓国社会について解説します。
(2)「黒金星と呼ばれた男」について
実在する「黒金星と呼ばれた男」のモデルとなったバク・チェソについて解説します。映画では観られなかった彼の素顔と、
彼が映画『工作 黒金 星と呼ばれた男』の主人公になるまでの道のりについてお話しします。

▼『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(韓国題:공작)』
監督:ユン・ジョンビン
出演者:ファン・ジョンミン、イ・ソンミン、チョ・ジヌク、チュ・ジフン
製作・韓国公開:2018年
公式HP:http://kosaku-movie.com/
kosaku (1)

CIEMA

〒840-0831
佐賀県佐賀市松原2-14-16セントラルプラザ3F
電話:0952-27-5116

CIEMA